CAD 住宅 建築

JWCAD(JWW)でハッチングを挿入する方法を独学でマスター

更新日:

JWCAD(JWW)でハッチングを挿入する方法を独学でマスターの参考画像

今回は、JWCADでハッチングを挿入する方法です。

聞きなれない言葉ですが、ハッチングとは「細かい平行線を引く」という意味を表します。

CADの場合、ハッチングを利用する場面は限定されますが、使い方によっては作図時間を短縮することができ、テクニックとして重宝できます。

私の場合は、住宅や複合施設などの建築図面などで、タイルの絵や断熱材の表記などで活用したりしています。

また補助的なコマンドになってくるので、レイヤー管理は必須になります。

JWCAD(JWW)でハッチングを挿入する方法

JWCAD(JWW)でハッチング挿入する方法です。

ハッチング作業を行うには、「閉じられた作図の空間」必要です。

下の画像を参照して下さい。

JWCAD(JWW)のハッチングの解説画像

JWCAD(JWW)のハッチング

ハッチングが行える条件に、「閉じられている作図」が必須になります

左下の3辺の絵のように途中で途切れている場合は、ハッチングコマンドを使っても途中までしか作図してくれません

ハッチングの作業手順としては、まずハハッチングを行いたい部分の「範囲選択」を行います。

次に、上部のツールバーでハッチングの「」や「角度」「ピッチ」などを選択します。

最後に、上部のツールバー左側にある「実行」コマンドをクリックすると、選んだ範囲内にハッチングが作図されます。

参照画像のように、「角度」や「ピッチ」によって色々な作図パターンを作ることができます。

ハッチングをする時は、できればレイヤーは別に分けましょう。

修正する場合に他の所まで影響が出てきてしまいます。

ハッチングは「登録図形」で時間短縮

あらかじめ「登録しておいた図形」でハッチングが可能です。

初めに「範囲選択」で登録したい図形を選び、次に「選択図形登録」コマンドをクリックします。

これで選択した図形が登録されるので、上部のツールバーにある「図形」のコマンドで「角度」と「ピッチ」を決め、実行ボタンをクリックすると、登録された図形で作図されます。

管理人の場合は、建築図面で詳細図や立面図というものがあります。

立面図で屋根や外壁タイルを記入する時に、登録図形を使ったハッチング作図を多用します。

JWCAD(JWW)でハッチングの修正行う場合は「伸縮」コマンドが有効

前回、JWCAD(JWW)の「伸縮」コマンドの使い方について記事にしました。

JWCAD(JWW)で「伸縮」コマンドを独学でマスター

ハッチングの場合、「選択範囲」の取り方によって、余計な部分をハッチングされてしまう所があります。

そういう場合は、初めからやり直すのではなく、「消去」や「伸縮」コマンドを活用した方が早く処理できる時があります

修正作業に時間が掛かってしまっては、元も子もありません。

そのためには伸縮コマンドを使いこなしておく必要があります。

(上の「伸縮」コマンドのページを参照して下さい。)

JWCAD(JWW)でハッチングを挿入する方法 まとめ

今回はJWCADのハッチングについて記事にしました。

出番は少ないコマンドですが、理屈を覚えておくと他のCADのソフトでもハッチングを作図するイメージなどは参考になります。

一つ一つコマンドを使いこなして、作図時間を短くしていきましょう。

 

関連コンテンツ

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

archi

普段は設計メインの建築エンジニア。 休日は趣味(スポーツ・遊び)を堪能する1児の父。 ハウスメーカーやデベロッパー、設計事務所などを渡り歩き、住宅から大規模建築まで様々な分野を取り扱うストロングスタイル! 所有資格/建築士/宅建士/AFP/古民家鑑定士/福祉住環境コーディネーター/大型免許・大型二輪/一級小型船舶免許操縦士他

-CAD, 住宅, 建築
-, ,

Copyright© No Architecture No Life , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.