建築

JWCAD(JWW)の「カラー印刷」

JWCAD(JWW)の「カラー印刷」の参考画像

今回は、JWCAD(JWW)の「カラー印刷」をする方法を解説します。

通常の印刷時では「白黒」の表現でも、「カラー印刷」機能を使用すれば9色の色を用いて印刷することができ、上手く使いこなせば、図面の表現のバリエーションも増えます。

出力の線の太さなども組合せば、図面に強弱をつけることが容易になるのでオススメです。

JWCAD(JWW)ので「カラー印刷」をする方法

JWCAD(JWW)でカラー印刷を行う方法は、設定画面を変更するだけで可能になります。

JWCAD(JWW)ので「カラー印刷」をする方法はメニューバーの「カラー印刷」にチェックを入れるの参考画像

JWCAD(JWW)ので「カラー印刷」をする方法はメニューバーの「カラー印刷」にチェックを入れる

上記の画面のように、「印刷」メニューに現れるツールーバーに「カラー印刷」の項目があるのでチェックを入れるだけ。

「白黒」と「カラー」印刷の切り替えは、この項目で切り替えます。

JWCAD(JWW)ので「カラー印刷」をする方法 その2

「カラー印刷」に切り替えた後は、プリンタ出力要素での調整になります。

JWCAD(JWW)ので「カラー印刷」をするにはプリンタ出力要素で調整の参考画像

JWCAD(JWW)ので「カラー印刷」をするにはプリンタ出力要素で調整

設定画面右側「線色1」~「線色9」の「」「」「」の数値を変更すれば、プリンタ出力時の線色を設定するこができます。

線色と同様に「プリンタ出力時の線の幅」も合わせて変更することで、図面の表現の強弱も細かく表現することができますね。

設定画面左側の「画面要素」の「線色」の色と同じにする方が、混乱することなくカラー印刷ができると思います。

関連コンテンツ

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

archi

普段は設計メインの建築エンジニア。 休日は趣味(スポーツ・遊び)を堪能する1児の父。 ハウスメーカーやデベロッパー、設計事務所などを渡り歩き、住宅から大規模建築まで様々な分野を取り扱うストロングスタイル! 所有資格/建築士/宅建士/AFP/古民家鑑定士/福祉住環境コーディネーター/大型免許・大型二輪/一級小型船舶免許操縦士他

-建築

© 2021 No Architecture No Life Powered by AFFINGER5