CAD 建築

JWCAD(JWW)でブロック図の作成・ブロック化を行う方法

更新日:

JWCAD(JWW)でブロック図の作成・ブロック化を行う方法の参考画像

今回は、JWCAD(JWW)でブロック図の作成・ブロック化を行う方法を紹介します。

よくJWCADで作図作業を進めていくと、同じ図形を繰り返し使用したり、誤って消したくない図形を消してしまい。余計に時間を取られることがしばしばあります。

その場合、ブロック化を行うことで、繰り返し作図を行う作業を単純化したり、編集作業も効率よく行うことができます。

解除のの方法もあるので合わせて紹介します。

JWCAD(JWW)でブロック図の作成・ブロック化を行う方法

まずは、ブロック化した図形を用意します。

今回は、初めからJWCAD(JWW)で図形登録されている「車」の図形をブロック図形・ブロック化してみたいと思います。

ブロック化したい範囲をカーソルで選択し、ツールバーの左側にある「BL化」のボタンを押します。

JWCAD(JWW)で図形を範囲選択しブロック化の参考画像

JWCAD(JWW)で図形を範囲選択しブロック化

ブロック名は、自分が記録しやすい名前にしておきます。

「OK」ボタンをクリックすれば、「ブロック化」は完了です。

試しに。「移動」や「複写」を行ってみましょう・

「ブロック化」をしていない場合は、「線」を囲う形で範囲選択が必要でしたが、「ブロック化」を行った後は図形の一部を範囲選択することで、可能になります。

もちろん削除する場合も、どこか一部の範囲を選ぶだけで削除ができるようになります。

JWCAD(JWW)ブロック解除を行う方法

「ブロック化」を行う上で、「ブロック解除」の方法も抑えておきましょう

「ブロック解除」したい図形を選び、「BL解」のボタンを押します。

JWCAD(JWW)でブロック解除の方法の参考画像

JWCAD(JWW)でブロック解除の方法

解除の方法はこれだけです。

「ブロック」関係のコマンドは、ツールバーの中でも集約されているので、覚えやすい作業になります。

JWCAD(JWW)でブロック図の作成・ブロック化を行う方法  まとめ

今回はJWCAD(JWW)でブロック図の作成・ブロック化を行う方法を簡単に紹介しました。

まずは、「ブロック化」と「ブロック解除」の方法を覚えるだけで、作図内容によっては作業効率は飛躍的にUPするかもしれません。

編集方法については随時更新していきます。

関連コンテンツ

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

archi

普段は設計メインの建築エンジニア。 休日は趣味(スポーツ・遊び)を堪能する1児の父。 ハウスメーカーやデベロッパー、設計事務所などを渡り歩き、住宅から大規模建築まで様々な分野を取り扱うストロングスタイル! 所有資格/建築士/宅建士/AFP/古民家鑑定士/福祉住環境コーディネーター/大型免許・大型二輪/一級小型船舶免許操縦士他

-CAD, 建築

Copyright© No Architecture No Life , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.