CAD 建築

JWCAD(JWW)でレイヤーやレイヤ-グループをロックする方法

JWCAD(JWW)でレイヤーやレイヤ-グループをロックする方法の参考画像

今回は、JWCAD(JWW)でレイヤーやレイヤ-グループをロックする方法を紹介します。

作図業務では、「0から作図する方法」と「完成済みの内容から編集する方法」に分類 されるかと思います。

編集の場合、他の内容も誤って修正してしまう可能性があるため、確定の部分は固定したいものです。

JWCAD(JWW)の場合は、レイヤーをロックできるので少し解説します。

JWCAD(JWW)でレイヤーやレイヤ-グループをロックする方法

JWCAD(JWW)でレイヤーをロックする方法はシンプルで、「Ctrl」キーを押しながらレイヤーボタンをクリックすれば『/』の表示が表れます。

JWCAD(JWW)でレイヤーをロックする方法の参考画像

JWCAD(JWW)でレイヤーをロックする方法

『/』のマークが表示された場合は、表示のON・OFFの切り替えができますが編集ができません。

もう一つの方法として、「Ctrl」キー「Shift」キーを押しながらレイヤーボタンをクリックすれば『×』の表示が表れます。

『×』の表示が表れた場合は、表示のON・OFFの切り替えすらできません。

表示はしたいけど編集NGの場合は、「Ctrl」キーを押しながらレイヤーボタンをクリックで『/』

普段は触れることのないデータでも消すことはできない場合は、「Ctrl」キー「Shift」キーを押しながらレイヤーボタンをクリックで『×』

使い分けることで誤って作図内容を消してしまう事も少なくできます。

編集不可とブロック化なども組み合わせ、効率の良い作図図切るを身に着けていきましょう。

関連コンテンツ

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

archi

普段は設計メインの建築エンジニア。 休日は趣味(スポーツ・遊び)を堪能する1児の父。 ハウスメーカーやデベロッパー、設計事務所などを渡り歩き、住宅から大規模建築まで様々な分野を取り扱うストロングスタイル! 所有資格/建築士/宅建士/AFP/古民家鑑定士/福祉住環境コーディネーター/大型免許・大型二輪/一級小型船舶免許操縦士他

-CAD, 建築

© 2021 No Architecture No Life Powered by AFFINGER5