CAD 建築

JWCAD(JWW)で「手書き線」を使って作図する方法

JWCAD(JWW)で「手書き線」を使って作図する方法の参考画像

今回は、JWCAD(JWW)で「手書き線」を使って作図する方法を紹介します。

直線や曲線をスムーズに作図できるのがCADの特徴の一つですが、敢えて不規則的な線や図形を作図することもできます。

建築図では、「植栽」などの表現にも使うことができるので覚えておいて損はありません。

JWCAD(JWW)で「手書き線」で作図する方法

JWCAD(JWW)で「手書き線」で作図する方法は、ツールバー上部にある「作図」コマンドから「連続線」を選びます。

その中に「手書き線」の項目があるので、チェックボックスをクリックするだけで「手書き風」な作図を行うことができます

JWCAD(JWW)で「手書き線」で作図する方法の参考画像

JWCAD(JWW)で「手書き線」で作図する方法

「手書き線」で作図する手順については、左クリックを一度押せば、後はマウスの動きにあわせて線を作図することができます。

終わる時も左クリックを押すことで終了し、簡単に作図することができます。

「手書き線」は個々の線データの集まりになるので、削除する場合は「範囲選択」などで対応する必要があります。

状況に応じて使い分けたいですね。

Autodesk(オートデスク)

AutoCADやRevitもAutodesk(オートデスク)から購入可能の参考画像

AutoCADやRevitもAutodesk(オートデスク)から購入可能⇧

Autodeskのキャンペーン情報

関連コンテンツ

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

archi

普段は設計メインの建築エンジニア。 休日は趣味(スポーツ・遊び)を堪能する1児の父。 ハウスメーカーやデベロッパー、設計事務所などを渡り歩き、住宅から大規模建築まで様々な分野を取り扱うストロングスタイル! 所有資格/建築士/宅建士/AFP/古民家鑑定士/福祉住環境コーディネーター/大型免許・大型二輪/一級小型船舶免許操縦士他

-CAD, 建築

© 2021 No Architecture No Life Powered by AFFINGER5