CAD 建築

AutoCADの「線の太さ」や「線種」の設定方法

更新日:

今回はAutoCADの「線の太さ」と「線種」について解説します。

線種」とは「線の種類」のことで、「実線」や「一点鎖線」「点線」などの設定を行えます。

線の太さ」も線の太さや細さを調整し、線の調整を行えます。

図面などの表現上、色々な線の種類での記載が必要なので、AutoCAD内でも必須の項目です。

AutoCADで設定されている線の種類

AutoCADでは、通常は画層(レイヤー)で設定された「線種」で作図していきます。

部分ごとに編集したい場合は、プロパティパレット内で変更していきます。

ByLayerとは?

ByLayerとは、「画層(レイヤー)ごとに設定された内容に従う」という意味合いを表します。

Layer=画層なので、覚えやすいと思います。

AutoCAD内で、始めから設定されている「線種」の種類は少なく、ホームタブの「プロパティパネル」から「線種管理」を表示させ、線種をロードさせる必要があります。

AutoCADの線種ロードの解説画像

AutoCAD 線種ロード

実線(Continous)

Continousは実線を表します。

恐らく一番多く使わる線の種類になります。

continousは訳すと、「連続」という意味なので、線が連続している=実線というイメージで捉えておきましょう。

破線(dashed)

破線はdashedで表します。

一点鎖線(center)

一点鎖線はcenterで表します。

二点鎖線(phantom)

二点鎖線はphantomで表します。

AutoCADの「線種」の設定方法 作図済みの図形の線種の変更をするには

作図済みの線種を変更したい場合は、「オブジェクトプロパティ管理」から変更を行います。

変更したいオブジェクトを選び、プロパティパレット内の「線種」の項目を変更すれば反映されます。

AutoCADの「線種」の設定方法 破線や一点鎖線が実線に見えてしまう場合は、線種の尺度の設定が必要

線種の尺度によっては、破線や一点鎖線が繋がって見えてしまい、実線に近い形で見えてしまいます。

そういった場合は、「線種管理」ダイアログから「グローバル線種尺度」の数字を変更すれば、線種の尺度が反映されます。

AutoCADのグローバル線種尺度の解説画像

AutoCAD グローバル線種尺度

AutoCADで「線の太さ」の変更方法

AutoCADで「線の太さ」を変更する場合も、他と同じくプロパティパレットで変更が可能です。

AutoCADの線の太さの変更方法の解説画像

AutoCAD 線の太さの変更

上記の画像のように、プロパティパレット内の「線の太さ」のところにカーソルを合わせれば、選択できる線の太さのリストが現れます。

リストから選択するだけで変更することができるので、他の線の太さのバランスを考えて設定しましょう。

AutoCADのバージョンによってはデザインやレイアウトが違いますが、「線の太さ」を含め、設定を変更するところは類似するところになります。

図面上の「線の太さ」と、印刷スタイル上の「線の太さ」が違う場合があるので注意が必要です。

AutoCADで「線の太さ」や「線種」の設定方法 まとめ

今回はAutoCADで「線の太さ」や「線種」の設定方法について記事にしてみました。

他のコマンドもそうですが、オブジェクトの設定や編集などは、オブジェクトプロパティ内の情報の更新などで対応できる部分がほとんどだと思います。

AutoCADの作業が慣れてくるころには、「線種」や「線の太さ」なども「プロパティコピー(プロパティ内の情報をコピー)」などのコマンドを使って、作業を簡素化させることも可能です。

そのためにも、まず基本的な内容がわからないといけません。

線の太さ」や「線種」の設定は、図面の表現などに大きく影響する部分なので、確実に習得していきましょう。

関連コンテンツ

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

archi

普段は設計メインの建築エンジニア(建築とテクノロジーの追求を目指す)。 休日は趣味(スポーツ・遊び)を堪能する1児の父。 ハウスメーカーやデベロッパー、設計事務所などを渡り歩き、住宅から大規模建築まで様々な分野を取り扱うストロングスタイル! 所有資格/建築士/宅建士/AFP/古民家鑑定士/福祉住環境コーディネーター/大型免許・大型二輪/一級小型船舶免許操縦士、他

-CAD, 建築
-

Copyright© No Architecture No Life , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.