CAD 建築

AutoCAD,AutoCAD LTのマルチ引出線の使い方や雲マークの作図方法

更新日:

AutoCAD,AutoCAD LTのマルチ引出線の使い方や雲マークの作図方法の参考画像

今回はAutoCAD,AutoCAD LTのマルチ引出線の使い方雲マークの使い方について解説します。

マルチ引き出し線」とは、矢印と引出線とブロック図形からなる、図形を注釈して捕捉する時などに使われるオブジェクトのことを言います。

もう1つの雲マークというのは、図面上で文字や数字を雲のような表記で囲み、変更箇所や強調したい時などに使われます。

AutoCAD,AutoCAD LTのマルチ引出線

AutoCADのマルチ引出線スタイル

AutoCADには「スタイル管理」という、設定の管理パネルがあります。

寸法や文字なども、「スタイル管理」の数値を変更したりして編集が可能になります。

マルチ引出線にも「マルチ引出線スタイル」があり、その部分を編集することによって変更部分を反映することができます。

マルチ引出線スタイル」ごとに、名前や尺度、引出線や図形の種類が設定できるので、図面の用途によって使い分けることもできます。

AutoCAD(LT)のマルチ引出線の解説画像

AutoCAD(LT)のマルチ引出線

引出線の形式タブ

引出線の線種や矢印の種類の設定ができます。

引出線の構造タブ

引出線の長さや尺度、折り曲げ数の上限を設定することができます。

「内容」タブでは、図形の種類の変更できます。

マルチ引出線の作図方法

AutoCADでマルチ引出線を作図する時の手順を説明します。

作図方法はシンプルで、「マルチ引出線」コマンドをクリックし、「矢印」の位置と「参照線」の順番にクリック。

続けて「テキスト」を入力し、エディタを閉じればマルチ引出線が作図されます。

AutoCADのマルチ引出線コマンドの解説画像

AutoCADのマルチ引出線コマンド

マルチ引出線の追加方法

AutoCADでマルチ引出線を追加したい場合の方法を解説します。

状況によっては、複数の箇所に引出線を示したい時があります。

そういう場合は、「注釈」タブから「引出線を追加」を選び、追加したいマルチ引出線をクリック

引出線の位置を指定すれば追加することができます。

AutoCADのマルチ引出線の追加の解説画像

AutoCADのマルチ引出線の追加

マルチ引出線の削除方法

AutoCADでマルチ引出線の削除方法を解説します。

注釈」タブ「引出線の除去」をクリックし、除去したいマルチ引出線を選択。

削除したい引出線を選べば、作業は完了します。

AutoCAD,AutoCAD LTの雲マーク

AutoCADの雲マークの作図方法

雲マークを作図したい時は、「注釈」タブの「マークアップ」→「雲マーク」を選びます(形状は自由に)

雲1つ分の円弧を数値で設定し、対角の2点をクリックすれば、雲マークが自動的に作図されます。

AutoCADの雲マークの作図方法ほ解説画像

AutoCADの雲マークの作図

AutoCAD,AutoCAD LTのマルチ引出線と雲マークの作図方法 まとめ

今回は、AutoCAD,AutoCAD LTのマルチ引出線と雲マークについて記事にしてしました。

両コマンド共に、補助的な役割ですが、注釈の表現の中では重宝されるコマンドの部類に入ります。

寸法や文字の挿入と同じように、必要に応じて使い分けていきましょう。

関連コンテンツ

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

archi

普段は設計メインの建築エンジニア。 休日は趣味(スポーツ・遊び)を堪能する1児の父。 ハウスメーカーやデベロッパー、設計事務所などを渡り歩き、住宅から大規模建築まで様々な分野を取り扱うストロングスタイル! 所有資格/建築士/宅建士/AFP/古民家鑑定士/福祉住環境コーディネーター/大型免許・大型二輪/一級小型船舶免許操縦士他

-CAD, 建築
-

Copyright© No Architecture No Life , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.