CAD 建築

AutoCAD,AutoCAD LTで表を作成する方法や編集方法

更新日:

AutoCAD,AutoCAD LTで表を作成する方法や編集の参考画像

今回はAutoCAD,AutoCAD LT表を作成する方法・編集する方法を解説します。

CADの種類によっては、表作成などの機能が無く他のソフトを使ったり、「線分」や「テキスト」を使って表をCAD内で作図されているユーザーも多いはずです。

AutoCADの場合は「」作成のコマンドがあるので、そういった機能を利用して作成することができます。

複雑なマクロを必要としない「」レベルであれば代用できる部分もあります。

1つのソフト内で集約する方が、作業性や容量などは軽減できる傾向にあります。

AutoCAD,AutoCAD LTで表の作成

AutoCADで「」を作成するには、「注釈」タブから「」を選択します。

AutoCAdの表作成の解説画像

AutoCAD(LT)の表作成

表を挿入」の中で「列数」と「列幅」を入力し、表のセル数とバランスを調整。

表の形が決まれば、後は配置したい場所にクリックすれば「」が作成されます。

表の挿入方法としては、「挿入点を指定」と「窓の選択」の方法があります。

挿入点を指定」は、表の列や幅を指定して、表の左上をポイントに位置を指定します。

窓の選択」の場合は表の列数・列幅、データ行・行の高さなどを使い分けながら指定し、「窓選択」の要領で2点のコーナーをクリックすれば作図されます。

1行目や2行目のセルを「タイトル」や「見出し」として設定することもでき、また、表の線をクリックすれば、プロパティパレットに「」が表示されるので編集が可能になります。

表の中のセルをクリックすると、セル内の内容を編集することができます。

AutoCAD,AutoCAD LTで作成した表を編集してみる

AutoCADで作成した表の編集方法です。

AutoCADで作成した表の編集の解説画像

AutoCAD(LT)で作成した表の編集

表の大きさの変更

作成した表の大きさの変更も可能です。

表示」タブの「オブジェクトプロパティ」を選択し、プロパティパレットを表示させます。

プロパティパレット内の表の「表の幅」や「表の高さ」の数値を変更することによって、表の大きさの編集が可能になります。

セルの大きさや文字大きさの変更

セルの大きさの変更も「オブジェクトプロパティ管理」から変更が可能です。

セルをクリックし「セル幅」の数値を変更すれば、表の中のセルを調整することができます。

文字の場合は、「文字の高さ」の数値を変更すれば反映されます。

図面の寸法値や、注釈の文字と大きさを揃えると統一感が出て綺麗に表現されます。

AutoCAD,AutoCAD LTで表を作成する方法や編集について まとめ

今回は、AutoCAD,AutoCAD LTで表を作成する方法・編集する方法を記事にしてみました。

CADの場合、「表」自体が中心になることは少ないですが、筆者の場合は建築図面などで、「仕様書」や「概要書」「面積計算」の記載方法として、「」コマンドを活躍しています。

CADのソフトを動作しながらの表計算ソフトの同時進行はPCに負担が掛かったり、情報が混乱しがちになります。

2・3画面でのPC環境であれば、1つの画面でCAD、もう一つで表計算ソフトが可能ですが、出先などで画面が一つの場合も備えてAutoCADの「」コマンドでの作成も覚えておいて損はありません。

関連コンテンツ

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

archi

普段は設計メインの建築エンジニア。 休日は趣味(スポーツ・遊び)を堪能する1児の父。 ハウスメーカーやデベロッパー、設計事務所などを渡り歩き、住宅から大規模建築まで様々な分野を取り扱うストロングスタイル! 所有資格/建築士/宅建士/AFP/古民家鑑定士/福祉住環境コーディネーター/大型免許・大型二輪/一級小型船舶免許操縦士他

-CAD, 建築
-

Copyright© No Architecture No Life , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.