CAD 建築

AutoCAD,AutoCAD LTの「色」について

更新日:

AutoCAD,AutoCAD LTの「色」の参考画像

今回は、AutoCAD,AutoCAD LT)の「」ついて解説します。

AutoCADで「」を扱う場合は、画層での色の設定がメインになります。

画層上で色を設定し、更にオブジェクトごとに色の指定、RGB値による255色などがAutoCAD内で設定されています。

プレゼンなどや、第三者に上手に伝えるには「」は欠かせない要素です。

基本的な部分を解説していきます。

AutoCAD,AutoCAD LTで「色」の変更や設定

AutoCADで色の設定を行う場合、プロパティパレット内を確認します。

AutoCADの色の編集の解説画像

AutoCAD(LT)の色の編集

まずは「By Layer」で色の設定を行い、オブジェクトごとに個別に行うことができます。

作図済みの図形の色を変更したい時も、プロパティパレット内の「色」の部分をを変更させれば、図形の方が反映されます。

色の選択も、「インデックスカラー」「True Color」「カラーブック」のパターンから選べます。

インデックスカラー

AutoCAD内で、初めから設定されている255色の種類をインデックスカラーから選ぶことができます。

の組み合わせによるRGB値の確認もできるため、他のCADなどで使っている、色の配色のバランスなども応用したりできます。

特に専門的でない場合はインデックスカラーの中から選択する方法で十分です。

True Color

True Colorは、の組み合わせによるRGB値による「カラーモデル」か、「色合い」「鮮やかさ」「明るさ」を選択できるHSLの「カラーモデル」のどちらかを使い、色の選択ができます。

カラーバーのスライドや、各項目の数値の変更によって色の選択ができ、True Colorの機能を使えば1600万色の以上の色を作り出すことが可能です。

インデックスカラーより、専門的な色の選定の場合に使われます。

カラーブック

カラーブックは、頻繁に使われる「」がカラーブックとして設定されています。

オプションのダイアログ ボックスのファイルタブ内で指定されている「カラー ブックの場所」にあるカラー ブックが表示されます。

AutoCAD,AutoCAD LTの「色」を使った応用

AutoCADの「」を使った応用といえば図面などの着色です。

図面でいえば、注釈したい範囲を「塗りつぶし」たり、光の取り入れ方によって「グラデーション」っぽく表現したりと、多種多様な使い方ができます。

」の設定や変更の方法は理解したけど、「塗りつぶし」や「グラデーション」については下の記事が参考になります。

AutoCAD,AutoCAD LTの「塗りつぶし」や「グラデーション」の方法

私の場合は、建築図面の作成でAutoCADを利用しているので、躯体と言われる「柱」や「壁」を「塗りつぶし」たり、フローリングや水廻りなどで明るく見せたい場所は「グラデーション」を活用したりしています。

もちろん「線分」での「色」の選択を基本とし、シンプルにまとめることも可能です。

作図の色分けをすることで、確認作業などや修正作業にも良い影響を与えるので、基本的な部分は押さえておきましょう。

関連コンテンツ

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

archi

普段は設計メインの建築エンジニア。 休日は趣味(スポーツ・遊び)を堪能する1児の父。 ハウスメーカーやデベロッパー、設計事務所などを渡り歩き、住宅から大規模建築まで様々な分野を取り扱うストロングスタイル! 所有資格/建築士/宅建士/AFP/古民家鑑定士/福祉住環境コーディネーター/大型免許・大型二輪/一級小型船舶免許操縦士他

-CAD, 建築
-

Copyright© No Architecture No Life , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.