建築 建築士

飛鳥時代の建築の特徴や代表的建築。法興寺・四天王寺・法隆寺など

更新日:

日本の建築史について紹介したいと思います。

飛鳥時代と言えば、聖徳太子や遣隋使など、教科書に出てくる内容がまず思い出しますが、建築の方では「法隆寺」や「四天王寺」などが有名です。

寺院建築」の印象が強く、前回紹介した神社建築とは、また違った雰囲気が歴史を物語ります。

資格試験でもよく出題される範囲なので、建築士やインテリアコーディネーター等の試験にも役立つと思います。

飛鳥時代の代表的な建築 法興寺・四天王寺・法隆寺

飛鳥時代は西暦592年から710年までの時代区分の1つで、その時代に建てられた有名な建築といえば、やはり「法隆寺」や「四天王寺」が挙げられます。

特に法隆寺などは、一度、焼失してしまいましたが、無事に再建され、日本最古の木造建築として現存しています。

文化として幾つもの時代を経て、残された建築にはいくつもの物語が込められています。

法興寺

飛鳥時代の代表的な建築 法興寺 飛鳥寺 本堂の参考画像

飛鳥時代の代表的な建築 法興寺 飛鳥寺 本堂

出典:wikipedia

仏教の伝来とともに、蘇我馬子が奈良県の飛鳥に作ったのが法興寺(飛鳥寺)になります。

当時は寺院建築のノウハウもなく、百済から大工を呼んで建築されたとも言われています。

配置や平面構造も左右対称で、バランスよく作られています。

南大門・中門・塔・中金堂・講堂が一直線に並び、左右に西金堂と東金堂が並んでいます。

回廊で囲むようにまとまり、飛鳥寺式の伽藍配置と言われています。

四天王寺

四天王寺の中心伽藍の参考画像

四天王寺の中心伽藍

出典:wikipedia

飛鳥の法興寺に続いて建築されたのが、大阪の天王寺にある四天王寺と言われています。

名前の通り、四天王像を祭る為に作られ、聖徳太子建立7大寺の1つに数えられています。

中心伽藍(ちゅうしんがらん)という配置方法が有名で、伽藍は「お堂」を意味し、南大門・中門・五重塔・金堂・講堂と直線上に並び、回廊で周りを囲む配置になっています。

現在では、鉄筋コンクリート造になっていますが、その当時の建築に近づける形で実現されています。

敷地と建築物のバランスは、どの時代も重要視されていたポイントかもしれません。

法隆寺

法隆寺の金堂と五重塔の参考画像

法隆寺の金堂と五重塔

出典:wikipedia

奈良県斑鳩(いかるが)にある、聖徳太子ゆかりの寺院。

7世紀に建築され、1993年にユネスコの世界遺産にも登録されました。

世界最古の木造建築として、いくつもの地震や火事などの災害に直面しましたが、現存しています。

五重塔は、高さが30mを越えていたり、積み上げ式の構造など、現代の木造建築では想定しづらい形で実現しています。

平面構造では、3間(約5.5m)の正方形で組まれており、上層に向かうにつれ、小さくなっていきます。

積み上げ式の構造(今でいう免震構造、古民家なども似たような工法)や、正方形に近い形など、先人の知恵が災害を乗り越えたといっても過言ではありません。

また、「心柱」と言われる「檜」で作られた一本の柱が、通し柱のように上層から下層まで通います。

心柱」は太さが直径約78cmもあり、普通の木造建築で使われている柱の6倍から8倍の太さになります。

飛鳥時代の建築の特徴

飛鳥時代の建築の特徴といえば、法隆寺などで採用されている「エンタシス」という柱や、「皿斗」「大斗」「雲斗」「雲肘木」といった組手が挙げられます。

金物や釘がない時代に考案された工法で、「皿斗」や「大斗」などは、当時の建築部品と言ったところです。

装飾材として「人字形蟇股」、「卍崩しの高欄」も使われています。

卍字崩し高欄と人字形割束(中門)の解説画像

卍字崩し高欄と人字形割束(中門)

法隆寺の雲肘木の解説画像

法隆寺の雲肘木

出典:wikipedia

エンタシス」は、古代建築で多く使われていた、下部から上部にかけてサイズを細くしていく形状の柱をいいます。

法隆寺の場合は「胴張り」と表現することが多く、エンタシスの柱を下から1/3の所を一番太くした形状のことをいいます。

伽藍自体も寺院建築の独特のものがあり、建物を単体ではなく、複数で構成されるのも特徴の1つとも言えそうです。

飛鳥時代の建築の特徴や代表的建築。法興寺・四天王寺・法隆寺など まとめ


飛鳥時代の建築について記事にしてみました。

仏教が伝来し、建築様式にも影響を与えています。

後の「奈良時代」へと続くのですが、海外の建築技術や様式を取り入れられたのも、この辺が始まりではないでしょうか。

次回も日本建築史について触れてみたいと思います。

関連コンテンツ

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

archi

普段は設計メインの建築エンジニア(建築とテクノロジーの追求を目指す)。 休日は趣味(スポーツ・遊び)を堪能する1児の父。 ハウスメーカーやデベロッパー、設計事務所などを渡り歩き、住宅から大規模建築まで様々な分野を取り扱うストロングスタイル! 所有資格/建築士/宅建士/AFP/古民家鑑定士/福祉住環境コーディネーター/大型免許・大型二輪/一級小型船舶免許操縦士、他

-建築, 建築士

Copyright© No Architecture No Life , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.