CAD 建築

Revit(BIM)で天井を作成する方法

更新日:

Revit(BIM)で天井を作成する方法の参考画像

今回はRevit(AutodeskのBIMソフト)で「天井」を作成する方法を紹介します。

2DCADでは平面図が中心とした作図になり、「天井」の作図は,断面図や展開図での出番になっていました。

BIMや3DCADの場合は、3Dの空間上に建築を作る形になります。

プラモデルのようにパーツを組み合わせることになるので「天井」の作図も必要になります。

Revitで「天井」を作成する方法

Revitで「天井」を作成する場合は、建築パネル内にある「天井コマンド」を活用します。

Revit 天井コマンドの解説画像

Revit 天井コマンド

天井コマンド」を選択した後は、プロパティ内で「高さ」や「仕様」の変更を行い確定します。

床の時と違い、天井の高さの設定が分かりやすいので、フロアレベルなどの高さをレベルビューなどに設定しておけば、オフセットの項目は、実際の計画する「天井高さ」を入力すれば、スムーズに作業を進めることができます。

オフセットの内容を「2400.0」にすれば、天井高さ「2400」の天井ができます。

作図方法は「自動スケッチ」と「天井をスケッチ」があり、「自動スケッチ」が楽ですが、使いやすい方で問題ないと思います。

「天井をスケッチ」の場合は、描画パネル内にあるコマンドを使い、天井の範囲を作図します。

「修正|天井の境界を作成」のモードで作図を行い、✅ボタンをクリックすれば、「天井」が自動で作成されます。

「床」を作図した時と同じような要領になります。

Revitで「天井」を作図後の編集方法

Revitで「天井」を作成後に変更する場合は、変更したい天井をクリックし、プロパティ内を変更すればビュー上にも反映されます。

範囲などを変更する場合は、作図した時と同じように、「修正|天井の境界を作成」モードでコマンドを使って作業を行うことになります。

どのコマンドも共通ですが、プロパティ内の右側にある「タイプ編集」をクリック、すると「タイププロパティ」が表示されるので、寸法等を編集することができます。

Revit 天井コマンドのタイププロパティの解説画像

Revit 天井コマンドのタイププロパティ

他のファミリと同様に、事前に設定しておけば作図作業が捗ります。

Revitで天井を作図してしまうとビューが見えづらい場合

作業の手順として、「天井」を作図するプロセスは後半になると思います。

その上、BIMなどで「天井」を作成した場合、箱に蓋をされる状況になるので、通常のビュー設定では天井より下の部分が見えなくなってしまいます。

そういう場合は、作成した「天井」をビュー非表示にすることによって見えなくする(削除ではない)ことができるので、活用していきます。

対象とする天井にカーソルを合わせ右クリック。

Revit ビューを非表示の解説画像

Revit ビューを非表示

ビューの非表示」を戻す場合は、「ビューの非表示解除」をすることで元に戻すことができます。

「壁」などで覆われて、3Dビュー上で内部が見れなくなった場合も、同様の方法が活かせます。

Revit(BIM)で天井を作成する方法 まとめ

今回はRevitで「天井」を作成する方法を紹介しました。

「床」と同様に、2D次元CADに慣れている人にはイメージしづらい部分にはなりますが、すぐに対応できるでしょう。

天井は、「梁」や「照明」などにも影響するので、できれば修正の回数は減らしたいものです。

一つ一つ使いこなしていきましょう。

関連コンテンツ

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

archi

普段は設計メインの建築エンジニア。 休日は趣味(スポーツ・遊び)を堪能する1児の父。 ハウスメーカーやデベロッパー、設計事務所などを渡り歩き、住宅から大規模建築まで様々な分野を取り扱うストロングスタイル! 所有資格/建築士/宅建士/AFP/古民家鑑定士/福祉住環境コーディネーター/大型免許・大型二輪/一級小型船舶免許操縦士他

-CAD, 建築
-

Copyright© No Architecture No Life , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.