CAD 建築

Revit(BIM)で建具のファミリを設置する方法

更新日:

Revit(BIM)で建具のファミリを設置する方法の参考画像

今回はAutodeskのBIMソフト、Revitで建具のファミリを設置する方法を解説します。

「柱」や「壁」など、Revitで操作する基本的な部分を紹介してきました。

Revitで建具や窓を設置する場合は、「壁」の表示の上に配置することが多いので、外壁や内壁を描き終えているのが理想です。

過去にRevitで壁を作成する方法の記事を作成しています↓

Revit(BIMソフト)で壁の作成や編集方法。BIMを使いこなすために。

Revitで建具を配置する方法

Revitで建具を配置する場合は、建築パネルの「ドアコマンド」を活用します。

Revit ドアコマンドの解説画像

Revit ドアコマンド

ドアコマンドを選択し、挿入したいドアの種類をプロパティ内で切り替えを行います。

ドアの種類を決定し、平面上に建具を配置したい場所を左クリック。

配置後は建具の向きなどを調整します。

ドア(建具)のプロパティ

Revitのファミリをコントロールするには、プロパティの操作が必要不可欠です。

プロパティの見方は、他のプロパティと共通するところがあり、基本を理解すると応用が利きます。

Revit ドアコマンドのプロパティの解説画像

Revit ドアコマンドのプロパティ

拘束」の項目で設置する「基準レベル」や「下枠」の数値の設定を行います。

始めの「下枠の高さ」の数値(0.0)を変更すれば、ドアの取り付けの高さの調整が行えます。

「下枠の高さ+100」で基準レベルから+100が上がった形を作ることができ、段差やレベル違いの表現も表すことができます。

高さの設定に関しては、作図と同時に3Dビューで確認しながら作業を進めるのが、上手く進めるコツになります。

マテリアル/仕上げ」では、ドアの各詳細の設定が行えます。

マテリアル関係は細かく設定することができるので、独自のドアファミリを作成することが容易にできます。

その反面、選択項目が多いので時間を多く取られてしまうことがあり、シンプルに使うためにも、建具メーカーからBIMファミリをダウンロードして利用する方法もあります。

その他の「上枠の高さ」の項目では、ドア自体の高さの変更が行えます。

ドア(建具)のファミリ編集

ドアのファミリの編集方法は、プロパティ内の「タイプ編集」をクリックし、「タイププロパティ」から行えます。

Revit ドアファミリのタイププロパティの参考画像

Revit ドアファミリのタイププロパティ

タイププロパティでは「高さ」や「」だけでなく、「厚み」や「ドアの取っ手高さ」など色々な種類の設定が行えます。

オーダーメイドのドアの作成や、特注品などの確認にも使えます。

Revit(BIM)で建具のファミリを設置する方法 まとめ

今回はRevitで建具のファミリの配置方法などを記事にしてみました。

建具自体も多種多様分かれており、引戸や開戸だけでも数えきれないほどのパターンがあります。

情報が交錯しないためにも「プロパティ」のコントロールは必須になります。

次回もRevitの操作方法について解説します。

関連コンテンツ

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

archi

普段は設計メインの建築エンジニア。 休日は趣味(スポーツ・遊び)を堪能する1児の父。 ハウスメーカーやデベロッパー、設計事務所などを渡り歩き、住宅から大規模建築まで様々な分野を取り扱うストロングスタイル! 所有資格/建築士/宅建士/AFP/古民家鑑定士/福祉住環境コーディネーター/大型免許・大型二輪/一級小型船舶免許操縦士他

-CAD, 建築
-

Copyright© No Architecture No Life , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.