CAD 建築

Revit(Autodesk)で通芯の設定方法。

更新日:

Revit(Autodesk)で通芯の設定方法の参考画像

今回はBIMソフト、Revit(Autodesk)で通芯を設定する方法を解説します。

通芯とは、基準線(壁や柱などの真ん中に位置する線)のことを言います。

通芯も建物の構造や壁の位置によって、それぞれ特徴があるので、その度に設定する必要があります。

木造建築の場合は尺貫法が使われていることが多くお、柱と柱のピッチが910mm(3尺)で設計されているのが多く見受けられます。

RC造形や鉄骨造の場合はメーターモジュールで設計されており、柱の大きさや壁厚なども建築物の大きさによって変わってきます。

内容物によっては、通芯を多く作成しないといけない図面もあるため、基本的な内容は押さえておきたいところです。

Revitで通芯を設定する方法

Revitで通り芯を作成したい場合は,「建築」や「構造」パネルから通芯コマンドを選択します。

Revit 通芯コマンドの解説画像

Revit 通芯コマンド

「X軸」「Y軸」どちらでもいいので、まず1線引いてみます。

すると、通芯記号に数字の「1」が自動的に表記されます。

Revitでの通芯記号は、自動でカウントして表記されるので、初めの1線を引いたところで通芯記号を「X1」や「Y1」などに変更しておくことをオススメします。(タイププロパティを編集する方法もありますが、初めの設定を極力利用する形で進めていきます)

今回は、木造建築で910ピッチを想定して通芯の設定を行います。

RC造やS造でも同じような手順で作図することも可能です。

Revit 通芯 作成の解説画像

Revit 通芯 作成

上記画像の通芯は以下の手順で作図しています。

Y軸の一つ目の通芯を作成。作成後に通芯記号を「1」から「Y1」に変更。

一つ目の通芯を選択し、コピーのコマンドを選択(一つずつコピーを行うか、配列複写で複製)

「910」ピッチの確認と、配列複写の場合は配列数の入力

確認も含めて、「平行寸法」コマンドで寸法の記載。

ピッチ寸法と全体寸法の記載し、整合がとれていたら次はX軸の方へ

X軸もY軸と同じように入力。

完成後はロックをかけて、作図中にずれたりしないようにする方がオススメです。

他にも、円弧で通芯を作成できたりと、用途によって色々な作図方法ができます。

通芯記号の対側方向のチェックボックスに✅を入れれば、対側で通芯記号を挿入することもできます。

通芯の作成後に編集も可能

作図完了後に数値の変更などが誤っていることに気づいたりします💦

初めから作図し直すのではなく、編集で対応することもできます。

910ピッチから950ピッチに変更してみました。

Revit 通芯 編集の解説画像

Revit 通芯 編集

通芯と通芯の寸法・ピッチを変更したい場合は、変更したい通芯を選択します。

通芯を選択すると、近接する通芯との寸法値が表記されるので、その部分の数値を変更すれば図面上も反映されます。

(寸法値が表れない時は、配列複写などでグループ化されているかもしれません)

Revitの場合は、2次元CADと違い、図形を変更すれば「寸法」も自動的に変更になるので、作業がスムーズに捗ります。

Revitで通芯を設定方法 まとめ

今回は、Revitで通芯を設定方法について記事にしてみました。

通芯は図面作成の基本であり、「通芯」の位置が間違っていたりすると、図面でも大幅な修正になりかねません。

BIMソフトの場合、修正作業は従来のCADソフトよりも減る傾向にありますが、基本的な作図と確認方法は押さえておきたいところです。

引き続き、Revitに関する記事を続けます。

関連コンテンツ

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

archi

普段は設計メインの建築エンジニア。 休日は趣味(スポーツ・遊び)を堪能する1児の父。 ハウスメーカーやデベロッパー、設計事務所などを渡り歩き、住宅から大規模建築まで様々な分野を取り扱うストロングスタイル! 所有資格/建築士/宅建士/AFP/古民家鑑定士/福祉住環境コーディネーター/大型免許・大型二輪/一級小型船舶免許操縦士他

-CAD, 建築
-

Copyright© No Architecture No Life , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.