CAD 建築

Revit(Autodesk)でレベルの設定方法。BIMを独学でマスター。

更新日:

Revit(Autodesk)でレベルの設定方法の参考画像

今回はRevit(Autodesk)で、レベルの設定方法を解説していきます。

BIMソフトや3DCADで「レベル」を表すのは、「高さ」の事を表しているのがほとんどです。

RevitやRevit LTの2015~2019のバージョンでは、初期のレベル設定は「設計GL」「レベル1(500)」「レベル2(4000)」で設定されていると思います。

この読み方は、「設計GL」と「レベル1」との高さの距離は「500」、「レベル1」と「レベル2」の高さの距離は「3500」という意味を表します。

これを、計画する建築物のボリュームによって変更していきます。

書き方は様々ですが、木造の場合は「GL(グランドライン(地面の高さ))」「1FL(フローリングライン)」「2FL(フローリングライン)」「階高」{軒高」などで設定していき、RC造やS造の場合は、「SL(スラブライン)」などで設定していきます。

新規でレベルごとのビューも作成することができるので、建築物によっては柔軟に対応できます。

今回は「レベル」の変更や設定方法について解説していきます。

Revitのレベルの設定方法

まずは「プロジェクトブラウザ」から立面図のビューをどれでもいいので表示させます。

Revit (Autodesk)の初期のレベルの解説画像

Revit (Autodesk)の初期のレベル

先程説明したように、「設計G.L」「レベル1(500)」「レベル2(4000)」で設定されています。

この状況から「設計G.L」「レベル1(500)」「レベル2(3500)」「レベル2(6500)」に設定変更してみます(木造で、1FLがGL+500、階高3000という設定です)

Revit 階高レベルの変更の解説画像

Revit 階高レベルの変更

「レベル2」の4000ところにカーソルを合わせ、クリックすると数字が入力できるようになります。

変更した数字を入力し、Enterキーを押せば、その数値が反映されます(*プロパティ内の数値の変更でも反映されます。)

変更後は「南京錠」のマークをクリックし、ロックをかけるとレベルの編集ができなくなります。

誤って変更してしまうミスを防ぐことができます。

ちなみに、数値のところではなく「レベル」と表記されている部分をクリックし変更すれば、ビューの名前も含め変更できます。

「2FL」や「2SL」など合わせて変更ができます。

Revitのレベルの複製

次にレベルを増やす方法です。

既に作図されているレベルの基準線をクリックし、コピー&ペーストで簡単に複製できます。

コピー&ペーストは、キーボードのショートカットでもコマンドのどちらでも構いません。

複製後に上手くいかなかった時は、先程のように数値の部分を直接入力すれば調整ができます。

Revit レベル複製の解説画像

Revit レベル複製

後は、同じように「軒高」や「最高高さ」などを設定していけば「レベル」の下準備は完了です。

次はRevitの「通り芯」の作図方法について解説します。

関連コンテンツ

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

archi

普段は設計メインの建築エンジニア。 休日は趣味(スポーツ・遊び)を堪能する1児の父。 ハウスメーカーやデベロッパー、設計事務所などを渡り歩き、住宅から大規模建築まで様々な分野を取り扱うストロングスタイル! 所有資格/建築士/宅建士/AFP/古民家鑑定士/福祉住環境コーディネーター/大型免許・大型二輪/一級小型船舶免許操縦士他

-CAD, 建築
-

Copyright© No Architecture No Life , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.