CAD 建築

AutoCAD,AutoCAD LTのブロック図形の作図や編集方法

更新日:

AutoCAD,AutoCAD LTのブロック図形の作図や編集方法の参考画像

今回はAutoCAD,AutoCAD LTブロック図形の作成方法について解説します。

まず、AutoCADのブロック図形とは、複数の線分や円弧などのオブジェクトを1つの図形として使うことができる機能です。

よく使う部品などをブロック図形にすることで、作図スピードの向上やミスを防ぐことができます。

建築図面の場合のブロック図形推奨一覧です。

  • 設備パーツ
  • 家具・インテリア
  • 図形記号

ブロック図形は作図するのみだけでなく、編集作業も容易で、窓のブロック図形なども、元データから「高さ」や「幅」を編集して保存するこも可能です。

*メーカーからCADデータをダウンロードすることもできます。

AutoCAD,AutoCAD LTのブロック図形

ブロック図形の作成

ブロック図形を作成する方法は、挿入タブにある「ブロック作成」コマンドを活用します。

AutoCADのブロック作成の解説画像

AutoCAD ブロック作成

まずは、ブロック化したい図形を選択。

挿入ダブの「ブロック定義」パネル内に「ブロック作成」コマンドがあるのでクリックします。

ブロックの名前や挿入基点(ブロック図形を挿入する時に、どの箇所をポイントにするか)などを設定し、「ブロックに変換」をクリックすれば作成することが可能です。

ブロック図形の挿入

作成済みや設定済みのブロック図形を挿入したい場合は、挿入タブのブロックパネル→「その他のオプション」から挿入したいブロックを選びます。

ブロック図形を選び、「挿入したい基点」など設定しOKを押すと、画面上にブロック図形が挿入されます。

AutoCAD,AutoCAD LT ブロック図形の編集方法

ブロック図形の編集方法

ブロック図形を編集したい場合は、挿入タブの「エディタ」パネルをクリックします。

AutoCADのブロックエディタの解説画像

AutoCAD(LT) ブロックエディタ

すると、画面が切り替わるので左側に表示される「ブロックオーサリングパレット」やコマンドを活用し、ブロック図形を編集していきます。

ブロック図形のダイナミックブロック

ダイナミックブロックは、ブロック図形にアクションなどの動きを加えて変形させることができます。

ブロック図形で設定されている一部を回転やストレッチさせることによって、ちょっとしたサイズ違いのブロック図形が作成できます。

AutoCADのダイナミックブロックの解説画像

AutoCAD(LT)のダイナミックブロック

上記左側の「ブロックオーサリングパレット」から、3つのタブを切り替え、ブロック図形を変形させます。

パラメーター

入力値の作成や、図形を読み取る時のグリップの動きのパラメーターが用意されています。

アクション

パラメーターによって図形がどのように変形するかを作成することができ、アクションとの組み合わせも可能です。

AutoCAD,AutoCAD LTのブロック図形の作図や編集方法 まとめ

今回はAutoCAD,AutoCAD LTブロック図形などについて記事にしてみました。

基本的な部分しか紹介していないので、補足分は随時更新していきます。

作図スピードや精度を上げるためには、「ブロック」での図形の使い方が影響してきます。

一つ一つ使いこなしていきましょう。

関連コンテンツ

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

archi

普段は設計メインの建築エンジニア。 休日は趣味(スポーツ・遊び)を堪能する1児の父。 ハウスメーカーやデベロッパー、設計事務所などを渡り歩き、住宅から大規模建築まで様々な分野を取り扱うストロングスタイル! 所有資格/建築士/宅建士/AFP/古民家鑑定士/福祉住環境コーディネーター/大型免許・大型二輪/一級小型船舶免許操縦士他

-CAD, 建築
-

Copyright© No Architecture No Life , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.