建築 建築家

ミース・ファン・デル・ローエとバルセロナチェア

更新日:

バルセロナパビリオンとバルセロナチェアの参考画像

今回は、近代建築の三大巨匠ミース・ファン・デル・ローエがデザインされた「バルセロナチェア」

バルセロナ博覧会のドイツ館にて、スペイン国王夫妻を迎え入れるためにデザインされた椅子

現在もインテリアとして多く取り扱われ、世界中にファンがいます。

今回は、ミース・ファン・デル・ローエの「バルセロナチェア」についてスポットを当ててみます。

ミース・ファン・デル・ローエとバルセロナチェアの参考画像

ミース・ファン・デル・ローエとバルセロナチェア

バルセロナチェアをデザインしたミース・ファン・デル・ローエとは?

近代建築の巨匠として多くの功績を残し、現代の建築にも影響を与え続けているミース・ファン・デル・ローエ

バウハウスの校長も務め、アメリカに亡命後も様々な建築のデザインに携わっています。

ミース・ファン・デル・ローエについては、過去に記事で紹介しています↓

ミース・ファン・デル・ローエの思想と建築作品。「Less is more 少ないほど豊かである」

スペイン国王夫妻を迎えるために作られた「バルセロナチェア」

「バルセロナチェア」は、1929年のスペインのバルセロナ万国博覧会において、スペイン国王夫妻を迎えるために作られました。

国際展覧会の中でも、建築史として残されているのが、ミース・ファン・デル・ローエが設計した「ドイツ館」であり、その建物と合わせてデザインされていたのが「バルセロナチェア」とも言われています。

「バルセロナ・パビリオン」が建築されていなければ、「バルセロナチェア」は誕生していなかったかもしれません。

ミースファンデルローエのバルセロナパビリオンの参考あ画像

ミースファンデルローエのバルセロナパビリオン

「バルセロナチェア」の特徴

「バルセロナチェア」の特徴と言えば、X型のステンレスのフレームに、革で縫製された背面・座面から構成されるデザインにあります。

しなやかなX型のフレームからは、曲線の美しさが表現され、革の部分には、適度な重厚感が保たれています。

座り心地も申し分なく、インテリアの一部としても申し分ない作品になっています。

バルセロナパビリオンとバルセロナチェアの参考画像

バルセロナパビリオンとバルセロナチェア

インテリアとしてもデザインが際立つバルセロナチェアの参考画像

インテリアとしてもデザインが際立つバルセロナチェア

一人掛け・二人掛け・オットマンなど、種類も数点あり、空間の大きさに合わせて選ぶことができます。

ミース・ファン・デル・ローエとバルセロナチェア

現在の「バルセロナチェア」は、アメリカのニューヨークを拠点としているノール社(Knoll)によって製造されています。

開発当時からミースの信頼を得ており、ミースの他の家具についてもライセンスを取得しています。

しかし、多くはリプロダクト品と言われるデザインを似せて作られてた商品が出回っているため、実際のバルセロナチェアとは違う質感になっているのも多く見かけます。

バルセロナパビリオンで見る「バルセロナチェア」があるべき形なのかもしれませんね。

 

関連コンテンツ

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

archi

普段は設計メインの建築エンジニア。 休日は趣味(スポーツ・遊び)を堪能する1児の父。 ハウスメーカーやデベロッパー、設計事務所などを渡り歩き、住宅から大規模建築まで様々な分野を取り扱うストロングスタイル! 所有資格/建築士/宅建士/AFP/古民家鑑定士/福祉住環境コーディネーター/大型免許・大型二輪/一級小型船舶免許操縦士他

-建築, 建築家

Copyright© No Architecture No Life , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.