建築 建築家

ヴァルター・グロピウスと建築。バウハウスを作った巨匠の生涯

更新日:

造形芸術学校「バウハウス」の画像

バウハウスを作った巨匠、ヴァルター・グロピウスの紹介です。

近代建築の四人目の巨匠と言われ、ミース・ファン・デル・ローエと同じく、インターナショナルスタイルを提唱しています。

ヴァルター・グロピウス(WalterGropius)の参考画像

ヴァルター・グロピウス(WalterGropius)

ヴァルター・アードルフ・ゲオルク・グローピウスWalter Adolph Georg Gropius, 1883年5月18日 - 1969年7月5日)は、モダニズムを代表するドイツの建築家。

近代建築の四大巨匠(ル・コルビュジエ、フランク・ロイド・ライト、ミース・ファン・デル・ローエと共に)の一人とされる。世界的に知られた教育機関(学校)である「バウハウス」の創立者であり、1919年から1928年まで初代校長を務めた。

出典:wikipedia

ヴァルター・グロピウスとバウハウス

ドイツに建築された造形芸術学校「バウハウス」

元々は建築家などを養成する学校でしたが、工芸・デザイン・建築・を総合した教育を行うようになり、その時代や色々な分野に影響を与えています。

造形芸術学校「バウハウス」の参考画像

造形芸術学校「バウハウス」

バウハウス(ドイツ語: Bauhaus, バオハオスとも)は、1919年、ドイツ国・ヴァイマルに設立された、工芸・写真・デザインなどを含む美術と建築に関する総合的な教育を行った学校。また、その流れを汲む合理主義的・機能主義的な芸術を指すこともある。学校として存在し得たのは、ナチスにより1933年に閉校されるまでのわずか14年間であるが、その活動は現代美術に大きな影響を与えた(モダニズム建築、20世紀美術の項を参照)。

バウハウスはドイツ語で「建築の家」を意味する。中世の建築職人組合であるバウヒュッテ (Bauhütte, 建築の小屋) という語をヴァルター・グロピウスが現代風に表現したものである。

出典:wikipedia

ヴァルター・グロウピスが残した建築

バウハウス

世界遺産に登録されているバウハウスの参考画像

世界遺産に登録されているバウハウスの参考画像

世界遺産に登録されているバウハウス

バウハウスの初めは、旧工芸校舎を使用し1919年にヴァイマルで設立されています。

1925年にデッサウに移転するのですが、その時の設計をグロウピスが設計しました。

その時代の最新技術など使われており、多くの建築家や芸術家に影響を与えています。

「バウハウス関連遺跡群」として 世界遺産に登録されています。

グロピウス・ハウス

マサチューセッツ州のグロピウスハウスの参考画像

マサチューセッツ州のグロピウスハウス

出典:wikipedia

グロピウスが家族の為にマサチューセッツ州に設計した家です。

水平連続窓や、白いファザードなど近代建築の原則に準えた要素も感じられます。

ファグス工場

ファグス工場の参考画像

ファグス工場

ファグス工場(ドイツ語: Fagus-Werk, ファグスこうじょう)ないしファグス靴型工場(ファグスくつがたこうじょう)は、ドイツのニーダーザクセン州アルフェルト(英語版)にある製靴用の靴型(英語版)工場で、初期モダニズム建築の重要な例証として2011年にUNESCOの世界遺産リストに登録された。この工場はオーナーのカール・ベンシャイト (Karl Benscheidt) が、自らの企業が過去から断絶することを表現するためにラディカルな建築物を望んで発注したもので、ヴァルター・グロピウスとアドルフ・マイヤー(英語版)によって設計された。この工場は1911年から1913年にかけて建てられ、増築や内装は1925年に最終的な完成をみた。

出典:wikipedia

世界遺産にも登録されているグロピウス設計の工場です。

当時は、建築資材などが限られており薄暗い工場が多かった中、グロピウスは「鉄骨」と「ガラスパネル」を使って、光に恵まれた空間を作り出しています。

メットライフビル

メットライフビルの参考画像

メットライフビル

パンナムビル(メットライフビル)は、パンアメリカン航空(パンナム)の本社ビルとして1963年3月7日にオープンした。その当時としては、世界一高い商業オフィスビルであった[1]。マンハッタンのスカイラインの重要な一角であり、アメリカ50大ビルの一つである。設計はバウハウスの校長であり、モダニズム建築の巨匠とされるヴァルター・グロピウスとピエトロ・ベルスキらの共同設計である。

出典:wikipedia

現在はメットライフビルとして、ニューヨークの摩天楼には欠かせない建築物になっています。

その存在感から色々な映画にも使われたりしています。

関連コンテンツ

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

archi

普段は設計メインの建築エンジニア。 休日は趣味(スポーツ・遊び)を堪能する1児の父。 ハウスメーカーやデベロッパー、設計事務所などを渡り歩き、住宅から大規模建築まで様々な分野を取り扱うストロングスタイル! 所有資格/建築士/宅建士/AFP/古民家鑑定士/福祉住環境コーディネーター/大型免許・大型二輪/一級小型船舶免許操縦士他

-建築, 建築家

Copyright© No Architecture No Life , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.