住宅 建築

住宅の新築やリフォームを計画中の方必見。サッシメーカーやガラスの種類まで窓の種類を解説

更新日:

住宅の新築やリフォームを計画中の方必見。サッシメーカーやガラスの種類まで窓の種類を解説の参考画像

現在、新築やリフォームを計画中、若しくはこれから計画していく人にお助けできればと思います。

今回はサッシなどの「窓」についてです。

どんな種類の窓があるの?

形は?ガラスの種類は?

そんな疑問にお答えします。

どんな種類の窓があるのか

ひと昔前の日本の住宅では、ガラスなどを使わず襖や障子が主流でした。

それが時代の流れとともに、防犯性や防火性、断熱性、採光などを向上させ今に至ります。

洋風建築が流行りだした頃から現在の窓が出始め、初めの頃の窓枠やガラスを支えている枠組みは、木製が多かったと聞いています。

現在も、ホームインスペクションやリフォームの相談で築年数が経過したお家を見ると、木枠のサッシを多く見かけます。

その後、技術が発達し「」や「アルミ」へと窓枠も進化しています。

現在もそうですが、住宅のサッシに網戸が標準装備になっているのも窓の技術進歩ともいえます。

窓の名称や窓の形

窓の種類や名称を少し紹介します。

(左が腰窓で、右側が掃き出し窓)

腰窓

一番多い種類の窓。

腰までの高さなので「腰窓」と言われます。

サイズも豊富で「引違い窓」が主流です。

掃き出し窓

床の高さまで開口している窓。

箒ではきだせるような窓なので「掃き出し窓」と言わます。

形的には圧倒的に「引違い窓」が多いし。2枚引違いや4枚引違いなど種類も豊富。


すべり出し窓

窓がすべるように開くことから「すべり出し窓」と言われます。

縦すべりや横すべり、縦長いのもあれば横長いのもありサイズが豊富。


FIX窓

明け閉めができない固定された窓

明かり取りやデザイン優先で選ばれることが多い


上げ下げ窓

上下に、上げたり下げたりできる構造の窓

開く寸法を考慮しなくていいので、適材適所で使われます。


面格子窓

上げ下げ窓や引違い窓に対応でき防犯的な役割を果たします。

写真は縦格子型で、他にも横格子やヒシ型、スクエア型などいくつか種類があります。


シャッター付き窓

窓にシャッターが付いている構造。

防犯的な役割から、認定を満たしている防火構造などもあり、年々軽量化されています。


雨戸付き窓

雨戸が付いている窓

昔はシャッターがなかったので木製の雨戸などが主流

現在はアルミでサッシ一体型構造などがあるが、洋風建築が増えてからは、年々減少しています。

今選べる窓の種類

今の窓ではアルミ枠+ペアガラスが標準です。

アルミ枠も中・外で色を使い分けれたりするので、デザインとして楽しめたりします。

またガラスの方は種類が色々あり、性能も多種多様になります。

基本的には「透明ガラス」が主流ですが、目隠し的に型板ガラス(すりガラス)などもあり、Low-Eガラスなども近年増えつつあります。

少しガラスの紹介です。

  • 透明ガラス・・・ごく一般的なガラス
  • 型板ガラス(すりガラス)・・・ガラス表面に凹凸をつけ、少し見えづらくしているガラス
  • 合わせガラス・・・複数枚(基本は2枚)のガラス板に樹脂などの中間膜などを挟んでいる構造。車のフロントガラスによく使われる
  • 複層ガラス・・複数枚(基本は2枚)のガラス板に空気を挟みこんだ構造のガラス、1枚ガラスより断熱性や遮熱性の効果大
  • Low-Eガラス・・・ガラス板の表面に酸化スズや銀などの特殊金属膜をコーティングしたもの。ガラス自体の断熱性や遮熱性を上げる
  • 網入りガラス・・・ガラスに鉄線が入っている、火災などの延焼や割れた時の飛散を防ぐため
  • 強化ガラス・・・一般的なフロートガラスの3倍~5倍の強度を持つガラス
  • 防犯ガラス・・・複数枚(基本は2枚)のガラス板に樹脂などの中間膜やポリカーポネート板などの特殊な板を挟んでいる構造

上で紹介したように、ペアガラスというのは、二枚のガラスで空気を挟みこんでいる構造の窓のことを言います。

(↑これがペアガラスです)

そのガラスの厚みや空気層の厚みが断熱性や遮音性に影響してきます。

「合わせガラス」などは住宅部品で使うことはないですが、紹介した商品はほぼ新築・リフォームに関係なく使われます。

また最近では「樹脂サッシ」も増えてきています。

「樹脂サッシ」というのは、窓のフレームが樹脂でできており、アルミサッシより熱が伝わりにくい構造になっています。

インテリアのように「」は簡単に変えれません。

もし変えるとすれば、外壁や内壁にも影響が出てきますし、数十年の効果を考慮するのであれば、少しぐらい窓のグレートを上げてもいいかもしれませんね。

窓の種類・位置・サイズなどは、その建物の立地条件や家の間取りに影響されるので、ハウスメーカーの方や工務店の方とよく相談して決めた方がいいでしょう。

どういうメーカーがあるの?

その窓を取り扱うメーカーも、現在は3強と言われています。

  • YKK AP
  • LIXIL
  • 三共立山アルミ

よくCMなどで放送されたいるので聞いたことある人が多いでしょう。

サッシ関連商品を取り扱っているので、「玄関ドア」や「勝手口ドア」、エクステリア関連の商品数など総合力がすごいです。

その総合力もすごいのですが、特許の量も群を抜いています。

YKKAPの特許には「取り付けが簡単で、断熱効果の高い複層ガラス用ビート」やLIXILも「可動障子の建て込み性を向上する上げ下げ窓」など、アイデアが豊富で興味深いものがあります。

これからも、どんな商品が出てくるかサッシ業界に注目です。

 

関連コンテンツ

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

archi

普段は設計メインの建築エンジニア。 休日は趣味(スポーツ・遊び)を堪能する1児の父。 ハウスメーカーやデベロッパー、設計事務所などを渡り歩き、住宅から大規模建築まで様々な分野を取り扱うストロングスタイル! 所有資格/建築士/宅建士/AFP/古民家鑑定士/福祉住環境コーディネーター/大型免許・大型二輪/一級小型船舶免許操縦士他

-住宅, 建築
-, ,

Copyright© No Architecture No Life , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.