建築

老人福祉施設の解説。特別養護老人ホームについて

更新日:

老人福祉施設の解説。特別養護老人ホームの参考画像

今回は、資格試験などによく出題される老人福祉施設を解説していきます。

老人福祉施設は、似ている特徴や名称が多いため、特徴などが混同されやすい分野になります。

今回は「特別養護老人ホーム」について解説します。

特別養護老人ホームの特徴とは?

特別養護老人ホームとは?の参考画像

特別養護老人ホームとは?

特別養護老人ホームの大きな特徴としては、常時介護を必要とし、自宅で介護を受けれない高齢者(65歳以上、要介護3以上(特例の要介護1・2)高齢者のための施設になります。

特別養護老人ホームは、数人で相部屋を作る「在来型」と、全て個室で形成されている「ユニット型」に分類されています。

厚生労働省の方針で、2002年(平成14年)以降に建設される特別養護老人ホームは、全て個室で10人以下で共有部分を併設したユニット型で整えられています。

プライバシーや対人ストレスなどにも考慮された内容に変更になりました。

特別養護老人ホームの設備

特別養護老人ホームの設備概要は「特別養護老人ホームの設備及び運営に関する基準」などで以下のように定められています(一部抜粋)

居室

  • 居室の定員は1人(一部例外有り)
  • 入居者一人当たりの床面積は10.65㎡以上
  • 地階に設けない
  • 寝台又はこれに代わる設備を備える
  • 床面積の1/14以上に相当する面積を直接外気に面して開放できるようにする
  • 出入口の1つは、避難上有効な空地、廊下又は広間に直接面して設ける
  • 入居者の身の回りの備品などを保管することができる設備を備える
  • ブザーなどこれに代わる設備を設ける

浴室

  • 介護を必要とする者が入浴するのに適したもの(機械浴など)

トイレ

  • 居室のある階ごとに居室に近接して設ける
  • ブザー又はこれに代わる設備を設ける
  • 介護を必要とする者が使用するのに適したものとする

その他

  • 廊下の幅は、基本1.8メートル以上(中廊下にあっては、2.7メートル以上)(一部例外有り)
  • 廊下、トイレその他必要な場所に常夜灯を設け、廊下及び階段には、手すりを設ける
  • 調理室などの火気使用室には不燃材を用いる

個人での空間を考慮しつつ、共用部などにも使いやさなどが求められている内容になっています。

老人福祉施設の解説。特別養護老人ホームについて まとめ

今回は老人福祉施設の種類の一つ、「特別養護老人ホーム」について紹介しました。

各資格試験などでは特徴や数字的な内容を問われることも多いので、押さえておきたいですね。

次回以降も老人福祉施設の種類について紹介します。

関連コンテンツ

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

archi

普段は設計メインの建築エンジニア。 休日は趣味(スポーツ・遊び)を堪能する1児の父。 ハウスメーカーやデベロッパー、設計事務所などを渡り歩き、住宅から大規模建築まで様々な分野を取り扱うストロングスタイル! 所有資格/建築士/宅建士/AFP/古民家鑑定士/福祉住環境コーディネーター/大型免許・大型二輪/一級小型船舶免許操縦士他

-建築

Copyright© No Architecture No Life , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.