住宅 建築家

国立西洋美術館(世界遺産)でル・コルビュジェ展が開かれます。

更新日:

ル・コルビュジェが設計した建築で、ル・コルビュジェの作品を観る

2016年に世界文化遺産に登録された「国立西洋美術館」で、世界文化遺産登録後に初めてル・コルビュジェ展が開かれます。( 正確には、世界7か国17資産で構成される「ル・コルビュジエの建築作品-近代建築運動への顕著な貢献-」の中の一つ)

20・21世紀のアートに囲まれた空間に、新しいル・コルビュジェの一面が加えられます。

ル・コルビジェ設計の国立西洋美術館の参考画像

ル・コルビジェ設計の国立西洋美術館

国立西洋美術館は、ル・コルビュジェが日本で設計した唯一の建築と言われ、2019年で開館60周年を迎えます。

1959年に本館が開館、「無期限美術館」としてこの美術館を位置づけ、後に弟子である前川國男・板倉準三・吉坂隆正らによって「新館」と「企画展示館」が増設されています。

今回のル・コルビュジェ展も本館で開催されるみたいで、ル・コルビュジェの絵画や家具が展示されるみたいです。

ル・コルビュジェはどんな人?という知らない人のために過去こんな記事を書きました↓

ル・コルビュジエと近代建築五原則。世界文化遺産登録された近代建築に触れる

ル・コルビュジェの建築や「近代建築の五原則」について紹介しています。

「近代建築の五原則」の考えのもと、サヴォア邸やユニテダビタシオンなど多くの建築を残し、建築だけでなく色々なジャンルに影響を与え続けています。

ル・コルビュジェ展の日程

ル・コルビュジェ展の発表されている詳細です。

  • 開催日時 2019年2月19日(火)~2019年5月19日(火)
  • 開館時間 9:30~17:30(毎週金・土曜日:9:30~20:00)
  • 休館日  月曜日(3月25日、4月29日、5月6日は開館)5月7日(火)
  • 観覧料金 当日:一般1,600円、大学生1,200円、高校生800円(*前売りは安くなるみたいです)
  • 会場:国立西洋美術館 本館
  • 住所:東京都台東区上野公園7-7
  • 電話番号:03-5777-8600

3ヶ月間のみの開催ですが、是非足を運びたいですね。

建築に興味ある方だけでなく、他の業界の方も参考になるのではないでしょうか。

ル・コルビュジェ展のみどころ

ル・コルビュジェがフランスのパリで「ピュリスム(純粋主義)」の運動が盛んだった時代に焦点をあて、その10年間に渡る建築やインテリア、芸術面の活動などを振り返ることができます。

建築家ル・コルビュジェとして活動する前の画家としての活動や、画家アメデ・オザンファンと共に追及し続けた思想、近代生活を支える科学に対応した「構築と総合」によるル・コルビュジェ論に触れることができ、他には、ピカソやブラックらの絵画など、ル・コルビュジェが影響を受けた1920年代の近代芸術の巨匠達の作品も展示され、国立西洋美術館ならではの設えになっています。

ル・コルビュジェ 国立西洋美術館開館60周年記念ポスターの参考画像

ル・コルビュジェ 国立西洋美術館開館60周年記念ポスター

参照:チケットぴあ

普段からツアーなどを開催されていますが、このイベント中の一部期間は、普段は入ることのできない旧館長室が観れる「特別建築ツアー」も開催されるみたいです。

他にも、「スイスの建築設計事務所 クリスト&ガンテンバイン」による講演会や、本展覧会の見どころや主な作品を紹介をするスライドトークも有り、色々な形で建築・美術に触れることができそうです。

関連コンテンツ

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

archi

普段は設計メインの建築エンジニア。 休日は趣味(スポーツ・遊び)を堪能する1児の父。 ハウスメーカーやデベロッパー、設計事務所などを渡り歩き、住宅から大規模建築まで様々な分野を取り扱うストロングスタイル! 所有資格/建築士/宅建士/AFP/古民家鑑定士/福祉住環境コーディネーター/大型免許・大型二輪/一級小型船舶免許操縦士他

-住宅, 建築家
-,

Copyright© No Architecture No Life , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.