建築 建築家

koeDonut(コエドーナツ)建築家・隈研吾デザインのドーナツショップに行ってきました。

更新日:

国立競技場でおなじみの隈研語氏がデザインした「koeDonut(コエドーナツ)」の店内画像

時間の合間を見て、国立競技場の設計に携わった建築家、隈研吾氏がデザインした「koeDonut(コエドーナツ)」に行ってきました。

「koeDonut(コエドーナツ)」は出来立てのドーナツをカトラリーで食べるドーナツショップ。

ドーナツファクトリーも併設され、製造工程も間近でみることができます。

2019年の3月にオープンし、健康的で独創的な食品を京都から世界に発信しています。

国立競技場でおなじみの隈研吾氏がデザインした「koeDonut(コエドーナツ)」の参考画像

国立競技場でおなじみの隈研吾氏がデザインした「koeDonut(コエドーナツ)」

koeDonut(コエドーナツ)の場所

「koeDonut(コエドーナツ)」は京都の新京極通り沿いに面した京都松竹阪井座の1Fにあります⇩

所在地: 〒604-8042 京都府京都市中京区 新京極通四条上ル中之町五五七番 

    阪急京都線「河原町」駅 9番出口より徒歩約1分
    ※駐車場はありません。

ウェブサイト:https://donuts.koe.com/

営業時間:午前8時~午後8時

TEL:075-748-1162

賑やかな通り沿いにあるので、買い物ついでに寄ることもできます。

koeDonut(コエドーナツ)と隈研吾のデザイン

koeDonut(コエドーナツ)の場所は、賑やかな通り沿いに位置し、ガラス張りの外観がお客さんを出迎えてくれます。

新京極通りの京都松竹阪井座ビルの1階にあるkoeDonut(コエドーナツ)の参考画像

新京極通りの京都松竹阪井座ビルの1階にあるkoeDonut(コエドーナツ)

店の中に入ると、まず目線が向くのは天井に装飾されている「竹かご」

この「竹かご」は京都嵐山の竹が使われており、約572個も使用されているとのこと。

ただ吊るすだけでなく、柔らかな曲線を描くように吊るされ、天井高と照明とのバランスが温かく落ち着いた空間を演出しています。

竹かごと無機質な内壁、絶妙なインテリアと光のバランスの参考画像

竹かごと無機質な内壁、絶妙なインテリアと光のバランス

アインシュタインにも似たキャラクターがドーナツを食べている!?の参考画像

アインシュタインにも似たキャラクターがドーナツを食べている!?

koeDonut(コエドーナツ)の奥の様子の参考画像

koeDonut(コエドーナツ)の奥の様子。竹かごの影が印象的。

koeDonut(コエドーナツ)の特徴はインテリアだけでなく、ドーナツファクトリーとしてオープンキッチンが併設されており、ドーナツが作られる工程を間近に見ることがでます。

イートインコーナーにはWi-Fiと電源を装備され、旅行客にはありがたい環境になります。

koeDonut(コエドーナツ)のファクトリーの様子の参考画像

koeDonut(コエドーナツ)のファクトリーの様子

店舗はワンフロアで延床面積439㎡。

高カロリーなイメージが強いドーナツですが、koeDonut(コエドーナツ)では、オーガニックや地産にこだわった自家製有機小麦の全粒粉、有機グラニュー糖、京都産の美山牛乳など材料などが使われいるとのこと。

健康に気を使いながら甘い物がほしい方にはオススメかもしれません。

今回は建築目線で着眼してしまい、ドーナツの写真を一つも取れていません💦

京都に行かれる時には、是非立ち寄ってみてはどうでしょうか?

関連コンテンツ

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

archi

普段は設計メインの建築エンジニア。 休日は趣味(スポーツ・遊び)を堪能する1児の父。 ハウスメーカーやデベロッパー、設計事務所などを渡り歩き、住宅から大規模建築まで様々な分野を取り扱うストロングスタイル! 所有資格/建築士/宅建士/AFP/古民家鑑定士/福祉住環境コーディネーター/大型免許・大型二輪/一級小型船舶免許操縦士他

-建築, 建築家

Copyright© No Architecture No Life , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.