建築 建築家

フランク・ロイド・ライトの8作品が世界文化遺産に

更新日:

フランク・ロイド・ライト設計のヨドコウ迎賓館の画像

アメリカの建築家、フランク・ロイド・ライト氏の8作品が世界遺産に登録されました。

近代建築の三大巨匠として有名で、プレーリースタイル(草原様式)有機的建築として独自のスタイルを構築し、後の建築業界に多くの影響わ与えています。

今回の建築分野での登録はアメリカでは初めてとなり、歴史的な一歩になるかもしれません。

世界遺産に登録された8作品

今回、ユネスコのの世界遺産委員会の審査によって世界遺産に登録されたライトの作品です。

どの作品も、教科書や資格試験の問題としても扱われており、建築好きなら一度は訪れてみたいですね。

  1. グッゲンハイム美術館Guggenheim Museum)ニューヨーク州
  2. 「落水荘(Fallingwater)」ペンシルベニア州ミルラン(Mill Run)
  3. ハーバート・キャサリン・ジェイコブス邸(Herbert and Katherine Jacobs House)ウィスコンシン州マディソン(Madison)
  4. ユニティー・テンプル(Unity Temple)イリノイ州オークパーク(Oak Park)
  5. フレデリック・C・ロビー邸(Fredrick C. Robie House)イリノイ州シカゴ
  6. タリアセン(Taliesin)ウィスコンシン州スプリンググリーン(Spring Green)
  7. タリアセン・ウエスト(Taliesin West)アリゾナ州スコッツデール(Scottsdale)
  8. ホリーホック邸(Hollyhock House)カリフォルニア州ロサンゼルス

日本でのフランク・ロイド・ライト作品

フランク・ロイド・ライトは日本でも作品を残しています。

浮世絵などを好み、日本文化も感じながらデザインしていたかもしれません。

帝国ホテルなど現存しない作品がある中、関西には兵庫県芦屋市にライトが設計した「ヨドコウ迎賓館」があります。

そんな「ヨドコウ迎賓館」を訪れた時の記事はこちら↓

アメリカの建築家フランク・ロイド・ライトのヨドコウ迎賓館(旧山邑家住宅)を見学してきました。

「ヨドコウ迎賓館」は今回の世界遺産に登録されませんでしたが、アメリカ政府の推薦書には、将来の追加登録候補として挙げられています。

これを機に、足を運んでみてはどうでしょうか。

関連コンテンツ

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

archi

普段は設計メインの建築エンジニア。 休日は趣味(スポーツ・遊び)を堪能する1児の父。 ハウスメーカーやデベロッパー、設計事務所などを渡り歩き、住宅から大規模建築まで様々な分野を取り扱うストロングスタイル! 所有資格/建築士/宅建士/AFP/古民家鑑定士/福祉住環境コーディネーター/大型免許・大型二輪/一級小型船舶免許操縦士他

-建築, 建築家

Copyright© No Architecture No Life , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.