住宅 建築

売買や賃貸の契約に参考になる住宅の種類。失敗しない住宅計画の基礎知識

更新日:

売買や賃貸の契約に参考になる住宅の種類。失敗しない住宅計画の基礎知識の参考画像

住宅を購入する時や賃貸物件を借りる時など、「衣・食・住」の「」の部分で関わってくる「建築

知っていれば得することもあれば、知らないと損をするどころか後々に後悔する事になります。

専門用語や建築の工事・法律など、分かりやすく解説していこうと思います

あなたの家の構造は?

皆さんは、自分が住んでいる家の構造はご存知でしょうか?
注文建築や、直近で家を購入された方以外は、あまり気にしていないかもしれません。
住宅や建築物の工法を分類すると、大きく4種類に分かれます。

木造(在来木造、伝統工法)

木造住宅のも在来工法や2X4など色々ありの画像

木造住宅のも在来工法や2X4など色々あり

日本の住宅の約半分は木造建築と言われています。
古民家などの伝統建築から、在来木造2×4(ツーバイフォー)の住宅まで、木造でもいくつかの種類に別れます。
一番建築されているのが、在来木造工法で、基礎から上の主要構造部の「」や「」、土台や大引、母屋、垂木などの部材で「」が使われています。
現在では、工場でプレカットした木材を現場で施工、木材同士の接合を金物で使って緊結する方法が主流です。(木造住宅工事仕様書と建築基準法によるため)
外壁も、モルタル塗装やタイル、現在ではサイディング壁や鋼鈑外壁が多く、竣工した住宅では工法の見分けが付きにくくなっています。
寸法なども尺貫法を使われており、間取りのピッチや畳のサイズ、窓のサイズなどが尺換算のmm表記で書かれています。

枠組み工法や2×4工法では、壁の4面と天井・床の2面を合わせた6面体で構造を支えるしくみ(モノコック構造)が主流です

その分間取りの自由度は低いのですが、施工手順や耐震性に有利と言われています。
それに変わって、伝統的構法は「木」と「木」を金物や釘などで接合するのではなく、日本建築古来の仕口・継手で施工されています。
地震に対しても、接合金物で固定しないので、揺れの力で柔らかく受け流し吸収する形になります。

鉄骨造(S造)

構造がシンプルな鉄骨造の画像

構造がシンプルな鉄骨造

鉄骨造(S造)についてです。
主要構造部である「柱」や「梁」が鉄骨でできている建築の形をいいます。
鉄骨の形状もH鋼や□構などに分かれ、その建築ごとに、断面や形状、長さの寸法が変わってきます。
鉄骨造でも大きく分けると、「重量鉄骨」と「軽量鉄骨に分かれます。
重量鉄骨造・・・ビル、マンション、3階建以上の住宅、公共建築など
軽量鉄骨造・・・プレハブ工法とも言われ大手ハウスメーカーの認定工法が多い
外壁はALCパネルやサイディング壁が多く、窓も木造とは異なる商品になりやすいです。

鉄筋コンクリート造(RC造)

自由度が高いRC造(鉄筋コンクリート)の画像

自由度が高いRC造(鉄筋コンクリート)

RC造とは、Reinforced Concrete Constructionの略で、「鉄筋で補強されたコンクリート」という意味になります。

鉄筋とコンクリートのお互いのメリット・デメリットを掛け合わせた工法になります。
コンクリートは圧縮に強く引っ張りに弱い鉄筋は圧縮に弱く引っ張りに強い
コンクリートの中に鉄筋を入れることによって耐久性や耐震性に優れた効果を表す。
間取り的にも、自由な空間を作りやすいが、費用的には木造や鉄筋造よりも上回る可能性大
RC造も大きく分けると、ラーメン構造壁式コンクリート構造に分かれる。
ラーメン構造・・・柱と梁が結合している構造。
基本、柱と梁でほぼほぼ構造が成立している
間仕切り壁などは雑壁と分類され、構造的には荷重を支えていない。
壁式コンクリート構造・・・柱や梁を設けない工法。
壁で建築の荷重を支え、ラーメン構造より広い空間を造りやすい。
その代わり、間取りを変えたり、電気配線系(コンセントなど)の変更には対応が難しい

鉄骨鉄筋コンクリート存(SRC造)

RC造に鉄骨(Steel)を組み合わせた構造です。

コンクリート構造の中に鉄骨を入れ、鉄骨のもつ「しなやかさ」とコンクリート部分の耐久性を兼ね備えています。
また、コンクリートの量を減らせるので、建物の重量は軽くなりますが、その分コストが上がります。

住むのに適しているのは?

構造ごとにそれぞれ特徴はあります。

住むことで影響があるのは、気密性耐震性ではないでしょうか。

音の場合は、外部からの音内部から発生する音

建物の構造だけでなく、窓の性能や断熱の方法からも影響を受けます。

気密性の場合は、建物内の隙間が影響しおり、家の中と家の外の間で隙間風が通らないようにする必要があります。(建材の指定や施工方法の選定)

気密性が良い=「夏は涼しく、冬は暖かい」と思われがちですが、気密性が良いというのは、温度環境を持続しやすい(隙間がすくないので、暖風や冷風を逃がしにくい)という表現の方が伝わりやすいと思います。

耐震性に関しても、「構造」ではなく、「築年数」の方が重要視した方が得策です。


耐震性

1981年より前に建築<1981年より後に建築<2000年以降に建築

音・気密性

床だけ断熱<グラスウール<吹き付け断熱

シングルガラス<ペアガラス<Low-Eガラス

不動産や住宅の場合、駅からの距離や近隣の施設など土地の条件を優先してしまいますが、好条件が揃っていて、かつ建物付きの土地などの場合、建物の上記の条件も考慮すればいいかもしれません。

建物の構造によっては、リフォームに制限が掛かったり、住宅を建築する時に、「擁壁」などの施工が必要になったりと専門的な知識が必要な場面があります。

プロに相談するのが一番ですが、少しでも住宅建築などの知識を身に着けば、事前に危険を回避できることも可能です。

次回以降、さまざまな内容を解説していきます。

関連コンテンツ

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

archi

普段は設計メインの建築エンジニア。 休日は趣味(スポーツ・遊び)を堪能する1児の父。 ハウスメーカーやデベロッパー、設計事務所などを渡り歩き、住宅から大規模建築まで様々な分野を取り扱うストロングスタイル! 所有資格/建築士/宅建士/AFP/古民家鑑定士/福祉住環境コーディネーター/大型免許・大型二輪/一級小型船舶免許操縦士他

-住宅, 建築

Copyright© No Architecture No Life , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.